上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
L主
貴女はその世界の光になった
なら私がたったひとつの闇になりましょう

・なんか海の中にでもいるみたいになっちゃったまあいいか

・どうしても
・「自分がなる」とは言い出せなかったあの後ろめたさ >天使
・ただ見てるだけしか出来なかったあの後ろめたさ
・ゼレさんはずっと泣きそうな顔をしてたのに

・救えたのはヒトナリじゃなくて
・ずっと胡散臭いとしか思ってなかったあの天使。
・ゼレさんは強い女性だと思ってた
・ヒメみたいな明らかに自分より大きい男にも堂々と意見して
・それで嫌われることも厭わないんだーって凄いなって
・でも少しだけ違った
・彼女はやっぱりふつうの女子だった当たり前だけど

・もう、見てるだけしか出来ないのは嫌だ

・何もかもが不確かだから
・答えが必要だった貴女を私は護りたい、そう思ったんだ。

・光の世界で天使の元で
・私が、貴女を護る機械になる。
・天使にっていうかゼレさんに背く奴従わない者、近づく男は
・みんなみんな撃ち殺すよ!
※ただしマンセマットも含まれる※

・そんなLルート後ヒトナリさんっていう。
・完全に妄想だけど。
・ずっーとマンセとゼレさんの後ろで見えない様に足の踏み合いでもしてたらいい
・(圧倒的にヒトナリが優勢)
・ん?そう考えるとL世界もぜんぜん悪くないな!おkおk!

そう言えばこのスーパー極端なCとLの思想って
・C→「もう何も我慢しなくていいよ」で、
・L→「もう何も考えなくていいよ」
・って、ことだよな。もの凄く要約すると。

・・・ほんとにえらい決断迫られたもんだよな・・ヒトナリさんって・・・
Cあとラスボス倒すだけだよおおおおおうん、今日中に頑張る
男二人(片方にいたっては素で悪魔)に立ち向かうゼレさん。凛々し過ぎますゼレさん。
どう見たって俺達が悪者ですほんとうにありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。