上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
って、どこぞの魔王にそう答えたら
SJやりだして初めて、ほんとに初めて名前が赤になった。もー後戻り出来ないなー・・・
いや、しないんだけど。

おっけーおっけー行ったあげる
寂しがり屋の悪魔野郎に、付いて行ったげる。あーくそ胸が痛いいつまでも痛い。

以下続きからちょっぴりヒメネス語り。って言うかバガブー語り
みんな大好きヒメネスさん。

N(Lも?)ルート最終間近ネタバレ注意

VSヒメネス戦で、ヒメブーの体力が減ってくると(多分)なけなしに発動する
回復スキル「レッド フレンド」

よっぽどNルート選んだプレイヤーを泣かせたいのか
ヒトナリさんを泣かせたいのか
ゼレさん倒して我慢してた涙腺がヒメを倒して決壊した瞬間でした

今考えると、治療銃からバガブーがヒメを庇ったのも、バガブーがずっと
精神汚染されたヒメネスを護って戦ってたのもこの付箋だったのかなって言うか
「あー合体して一つになってもヒメを護ってるんだー」って解った瞬間異常な程切なかった。
バガブーってヒメが一番最初に自分を助けてくれたみたいに
実験材料にされてる悪魔達を助けたかったんだよな・・・

ヒメブーになってから、ほんとはバガブーってどこに居るんだろう?って実はずっと疑念を持ってた
けどやっぱり人格ヒメネスの中にちゃんと居たんだなあ・・・あーもう泣ける

やっと名前が赤くなったからヒメブの傍に行ってあげようと思います。
「まったく仕方のねえ野郎だ」はヒメの口癖だけど、そっくりそのままヒメネスに返したいと思います。
捻くれ者の男と、寂しがり屋の悪魔がおりました。
今は、捻くれた寂しがりの悪魔野郎がお生まれになったんですよね。
遠まわしの様な、ストレートな様な、「一緒に来て」がヒメの台詞からは酷く見て取れるから
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。